日本の環境対策技術を世界展開する必要性

日本もかつての高度成長時代には公害が社会問題となった時代があります。健康被害を及ぼす事からこの名称で呼ばれていますが、これは正に水質や大気汚染と言った今日の環境問題に他なりません。
こうした時代の反省も踏まえ、日本は経済発展と環境対策の両立のための技術開発に努めて来ました。工場からの排出する排ガス、水なども世界最高水準の規制値をクリアし、自動車も世界でも最も厳しい排ガス規制を設け、それをクリアーしています。
また、一般の企業でも多くの企業が環境基準のISO14000シリーズを取得し、環境対策に努めると共に、植林など積極的な環境保護活動を推進している企業も沢山あります。
ISO 14000は、国際標準化機構 (ISO) が発行した環境マネジメントシステムに関する国際規格 (IS) 群の総称です。ISOの環境に係わるものは、主として「要求事項」を定めたISO 14001を指す場合が多いです。
具体的に、日本の電気メーカを例に挙げてISO14001について説明していきたと思います。先にも触れていますが、ISO14001では、環境に係わる要求事項があり、それを満足する必要があります。そのために、次のような対応を電気メーカでは実施されています。⓵環境方針の計画・展開、⓶環境配慮型の製品開発、③エネルギーや化学物質の環境負荷低減、⓸環境に関する社員教育。このような施策を実施するためには、多大な労力とコストが発生します。これらは、持続的で安全・快適な地球環境のために大切なことになります。
より具体的な取り組みといて、何を実施して環境負荷を低減しているのでしょうか?例えば、エネルギーを取り上げた場合には、製品を製造する機械に使用する電気使用量を低減することが挙げられます。環境配慮型のセインを取り上げた場合には、製品の梱包を簡易なものにすることで環境への影響を低減できます。
このようにISO14001に基づいて、電気メーカでは環境対策が施されています。

しかし、中国ではPM2.5に象徴されるように、健康被害を及ぼすほどの多くの環境問題を抱えており、また地球上で最大の森林であるアマゾン川流域の森林は減少を続けています。地球環境は、日本が国内でいくら努力をしても、その良化効果は微々たるものです。
経済発展とのバランスから、温暖化対策も世界の足並みがそろわぬ状態が続いていますが、日本のCO2削減よりも日本の先進技術で世界のCO2削減や環境対策を推進すると言った枠組みを構築する事がより重要と言えるでしょう。

PR|初値予想|工務店向け集客ノウハウ|ショッピングカート|生命保険の口コミ.COM|お家の見直ししま専科|オーディオ|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|お小遣いNET|GetMoney|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|貯蓄|童話|